薬物動態/薬物力学 (PK/PD) モデル

PK/PD モデルは、薬物の投与、濃度、有効性の関係を表します。

新薬開発プロセスの重要コンポーネントである薬物動態/薬物力学 (PK/PD) モデル化は、時間の経過に伴う薬物投与の効果と有効性を予測するための数学的手法です。大まかにいって、薬物動態モデルは、身体における薬物への反応を吸収、分配、代謝、排出の観点で表すものです。薬物力学モデルでは、薬物濃度を有効性 (または安全性) メトリックにリンクして、薬物が身体に及ぼす影響を表します。明確に特徴付けられた PK/PD モデルは、将来の実験や試験の設計をガイドする上で重要なツールです。

PK/PD モデル化プロセスには、以下の手順が含まれます。

  • 経時的データのインポート、処理、および視覚化
  • ライブラリからの薬物動態モデルの選択、または対話型のブロック ダイアグラム エディターを使用したメカニズム ベースの PK/PD モデルの作成
  • 非線形回帰または NLME 手法を使用したモデル パラメータの推定
  • パラメータ スイープや感応度解析を使用したシステム ダイナミクスの調査
  • 投与戦略と What-if シナリオのシミュレート

PK/PD モデル化の詳細については、SimBiology® を参照してください。



ソフトウェア リファレンス

See also: 情報生命科学, 生命工学および製薬, Curve Fitting Toolbox, Statistics and Machine Learning Toolbox, SimBiology, 薬物動態のビデオ