CAN通信

CANバス経由でのメッセージの送受信

コントローラー エリア ネットワーク (CANネットワーク) は、車載通信規格であり、マイクロコントローラーおよびデバイス間の相互通信を可能にします。CAN 通信は当初は自動車のアプリケーション向けに考案されたメッセージベースのプロトコルですが、産業オートメーションなどのその他の領域でも使用されています。

CANネットワークを用いた相互通信では、次のような一般的なタスクが含まれます。

  • サポートされている様々な CANインターフェイス ハードウェアを用いた PC の CAN ネットワークへの接続
  • XCP プロトコルを使用したメッセージの送受信
  • CANメッセージのフィルター処理
  • CANデータベース ファイルを用いたメッセージのエンコードおよびデコード
  • CAN Simulink ブロックからのコード生成

詳細については、MATLAB®Simulink® および Vehicle Network Toolbox™ を参照してください。



ソフトウェア リファレンス

参考: Simulink, Vehicle Network Toolbox, MATLAB, データ収集, テストと計測