PC上で車両試験!フルビークルモデルの準備から活用まで

概要

自動車のパワートレインはエンジン単体のみならずモーターと組み合わせたハイブリッドや燃料電池を組み込んだシステムなど、その構造は多種多様化が進んでいます。検討したい全ての構造について実際に車両を試作するのは時間・コストの両面で現実的ではありません。そこで、実機試作前のシミュレーションがとても重要になってきます。

車両シミュレーションに特化したMathworksのモデリングツールを使うことで、Simulinkという単一のシミュレーション環境で車両全体モデル+制御ロジックのシミュレーションモデルを構築できます。

その際に、課題となる「モデルの準備」「モデルの演算負荷」「モデルの活用の仕方」についてソリューションを提案いたします。

事例として、あるハイブリッドシステムの燃費最大を目的に運転モード切り替えを最適化します。

車両企画や車両レベルのコントロールアルゴリズム検討などに携わられているエンジニアの方々にご視聴いただきたい内容です。

プレゼンテーション 30分と、ライブQ&A 15分で、約45分の内容を予定しております。

対象製品

満席につき受付終了