スマートファクトリシリーズ - 加速するDigital Twin、システム実装を視野に入れた予知保全 -

日付 時間
2020年11月12日
12:00 AM EST

概要

本セミナーシリーズでは、IIoTを活用したスマートファクトリーの実現に向け、MATLABおよびSimulinkを活用した①ディープラーニングによる品質検査、②デジタルツインを活用した予知保全(本イベント)、③自律搬送車および自律ロボットアーム開発、④ローカル5Gによる施設内電波伝搬モデル設計をご紹介します。

スマートファクトリーにおける予知保全の実現にはシステムへの実装と運用までを視野に入れた開発が求められます。一方で、IoTの推進に伴うITとOTの融合には技術者の専門性と労力が必要とされ、効率的な開発環境が不可欠となります。本セミナーでは物理モデルを対象にMATLABを使用した異常検知や故障予測からシステム実装までにおける予知保全の手法と適用例を紹介します。

これから予知保全を始めてみたいと思う方はもちろんのこと、物理モデルやセンサーデータを用いた解析に興味を持っている方にもおすすめのセミナーです。

※プレゼンテーションとQ&Aを含み約1時間を予定しています

ハイライト

  • デジタルツイン
  • 異常検知
  • 故障予測
  • システム実装

講演者について

王 暁星

アプリケーションエンジニアリング部

シニアアプリケーションエンジニア

大手外資系油田開発サービス会社に約6年勤務。地下資源採掘装置の開発、設置、データの取得と解析に従事。MathWorks Japanに入社後、技術計算のグループに所属。異常検知・予知保全をテーマに顧客先や学会で複数発表。機器の故障予測に向けたデータ解析を得意とする。

対象製品

You are already signed in to your MathWorks Account. Please press the "Submit" button to complete the process.