ディープラーニング・機械学習のための信号処理

概要

機械学習・ディープラーニングは、幅広い業界において複雑な問題を解決することのできる強力なツールとなり得ます。これらの、いわゆる“AI技術”は、予知保全、ヘルスモニタリング、財務ポートフォリオ予測、ADASなど、あらゆる分野のアプリケーションで応用されています。

センサの様な一次元時系列信号に対してAI技術を応用する際には、アプリケーションに応じた高度な信号処理アルゴリズムが必要になるなど、解決すべき課題が数多く存在します。MATABから提供される、様々な特徴抽出機能や、学習プロセスを支援するアプリを用いることで、信号処理や機械学習の経験のない方でも、迅速にAI技術を用いたアプリケーションの開発に着手できます。

このセミナーでは、転移学習やウェーブレットスキャッタリング等、各種アドオンツールから提供されるAI関連技術を用いて、生体信号の分類、音楽ジャンルの推定等の例題をご紹介します。

対象製品

満席につき受付終了