【30分で分かる!】車載モーターシステム開発をモデルベースで開発

日付 時間
2020年9月4日
1:00 AM EDT

概要

車載モーターシステムの開発では、モーターの状態 (角速度、角度、電圧、電流、温度) を正確に把握して、所望の加速性能が得られるためのモーターのトルク制御、騒音や振動の原因となるトルクリップルの低減、モーターの銅損や鉄損に伴う温度上昇の抑制など、様々な内容を検討する必要があります。そのような複雑なシステムを効率良く解決するには、モデルベースの開発手法が有効です。

MATLABとSimulinkを活用したモデルベースの開発は、モーターの電気・熱・機械の振る舞いを表すプラントモデルを利用して、上記の様々な課題に対応するための制御ロジックの設計・検証を行い、さらにそれを車両モデルと組合せたシステムレベルのシミュレーション、マイコンに実装する制御ロジックの組込みCコード自動生成までを、同じ環境上で行うことができます。

本セッションでは、車載モーターシステム開発にフォーカスして、モデルベースのユーザー適用事例、基本フロー、モデルベースの開発の始め方を、30分でご紹介します。

※プレゼンテーションの後に、15分間のQ&Aを予定しております。

ハイライト

  • モーターシステムの開発効率化のユーザー事例
  • モーターシステムのモデルベースによる開発の基本フロー
    • 電気・機械・熱の振る舞いを表すモーターのプラントモデリング、制御設計、組込みCコード生成方法のポイント
  • 車両モデルを含むモーターシステムのシミュレーション適用例
  • モデルベースによるモーターシステム開発の始め方のヒント

講演者について

MathWorks Japan

アプリケーションエンジニア

片桐 敦

対象製品

You are already signed in to your MathWorks Account. Please press the "Submit" button to complete the process.