【30分で分かる!】車載コンバーターシステムをモデルベースで開発

日付 時間
2020年9月2日
1:00 AM EDT

概要

車載コンバーターシステムの開発では、コンバーターの状態 (電圧、電流、温度) を正確に把握して、電力損失を極力減らして効率的に負荷に電力供給するための出力電圧および電流制御、半導体デバイスの電力損失に伴う温度上昇の抑制、半導体デバイスや導線の故障時 (短絡、断線) のフェールセーフ制御など、様々な内容を検討する必要があります。そのような複雑なシステムを効率良く解決するには、モデルベースの開発手法が有効です。

MATLABとSimulinkを活用したモデルベースの開発は、コンバーターの電気・熱の振る舞いを表すプラントモデルを作成して、上記の様々な課題に対応するための制御ロジックの設計・検証を行い、さらにそれを車載オルタネーターなどと組合せたシステムレベルのシミュレーション、マイコンに実装する制御ロジックの組込みCコード自動生成までを、同じ環境上で行うことができます。

本セッションでは、車載コンバーターシステム開発にフォーカスして、モデルベースのユーザー適用事例、基本フロー、モデルベースの開発の始め方を、30分でご紹介します。

※プレゼンテーションの後に、15分間のQ&Aを予定しております。

ハイライト

  • コンバーターシステムの開発効率化のユーザー事例
  • コンバーターシステムのモデルベースによる開発の基本フロー
    • 電気・熱の振る舞いを表すコンバーターのプラントモデリング、制御設計、組込みCコード生成方法のポイント
  • 車載コンバーターシステムのシミュレーション適用例
  • モデルベースによるコンバーターシステム開発の始め方のヒント

講演者について

MathWorks Japan

アプリケーションエンジニア

福井 慶一

対象製品

You are already signed in to your MathWorks Account. Please press the "Submit" button to complete the process.