【30分で分かる!】車載バッテリーシステムをモデルベースで開発

日付 時間
2020年8月26日
1:00 AM EDT

概要

車載バッテリーシステムの開発では、バッテリーの状態 (電圧、電流、残量、温度) を正確に把握して、一充電当たりの航続距離を伸ばす最適な充放電制御、過充電・過放電を防ぎ安全性を確保するフェールセーフ制御、バッテリーの寿命を確保する温度制御など、様々な内容を検討する必要があります。

そのような複雑なシステムを効率良く解決するには、モデルベースの開発手法が有効です。

MATLABとSimulinkを活用したモデルベースの開発は、バッテリーの電気・熱の振る舞いを表すプラントモデルを利用して、上記の様々な制御ロジックを組合せたバッテリーマネジメントシステム (BMS) の設計・検証を行い、さらにそれを車両モデルと組合せたシステムレベルのシミュレーションまで、同じ環境上で行うことができます。

本セッションでは、車載バッテリーシステム開発にフォーカスして、モデルベースのユーザー適用事例、基本フロー、モデルベースの開発の始め方を、30分でご紹介します。

※プレゼンテーションの後に、15分間のQ&Aを予定しております。

ハイライト

  • バッテリーシステムの開発効率化のユーザー事例
  • バッテリーシステムのモデルベースによる開発の基本フロー
    • 演算精度と計算速度を兼ね備えたバッテリーモデルの構築手法、BMSの制御ロジックの設計・検証方法のポイント
  • 車両モデルを含むバッテリーおよび燃料電池のシステムシミュレーション適用例
  • モデルベースによるバッテリーシステム開発の始め方のヒント

対象製品

You are already signed in to your MathWorks Account. Please press the "Submit" button to complete the process.