Simulinkでは困難?一歩先行くSimulinkアドオン製品を使いこなそう!


概要

自動車、家電、産業ロボットなどの分野では、製品が高機能化,開発業務が複雑化することに伴って、先行開発、設計開発の効率化、性能・品質の向上が極めて高いレベルで行うことが求められる中で、開発・性能評価のプロセスを仮想環境で行う重要性が拡大しています。

仮想環境で「実機」(モーター、負荷機械といった電気、機械などの物理的な要素)を構築するためにはモデル化する必要があります。近年は、システムの複雑化に伴い、直観的にモデル化が行える物理モデリングツールが製品開発の現場で使われています。

本セッションでは、SimulinkプロダクトファミリーのSimscapeを取り上げ、実際にどのような製品開発で使われているのか、パワーウインドウを例題にSimscapeの基本的な操作方法をデモを交えて紹介します。

参加対象者

MATLAB Campus-Wide License契約校の教職員、研究員、学生、院生

講演者について

アプリケーションエンジニア 福井 慶一

アジェンダ

時間 タイトル
17:50 オープン
18:00 MATLAB Campus-Wide License概要説明 
18:05 Simulinkでは困難?一歩先行くSimulinkアドオン製品を使いこなそう!
18:50 Q&A

対象製品

満席につき受付終了