ユーザーから学ぶ、画像処理・ディープラーニングでのMATLAB活用例

概要

画像処理やディープラーニングのテクノロジーはADAS/自動運転、ロボティクス、生体医用、FA/マシンビジョン、インフラ点検、農業など幅広い分野に適用が進んでいます。本セミナーでは画像処理やディープラーニングを用いて効率化を実現されているお客様の講演を交えながらMATLABを使用する利点についてご紹介いたします。

また、展示コーナーでは組み込みGPU、C/HDL実装のデモならびに技術相談をお受けしております。

この分野での研究・開発をこれから行う必要のある方や開発効率向上をご検討の方、画像処理やディープラーニングの最新機能にご興味のある方におすすめのセミナーとなっております。MATLAB環境をご存じない方もぜひご参加ください。

【ご登録方法】

  1. 当ページ右上、電子メールのボックスにメールアドレスを入力後、送信ボタンをクリック。
  2. 製品価格や評価版にご興味をお持ちの場合は、「I'm interested in product pricing or a trial」にチェック。
  3. 「Please select the seminar you would like to attend:」で参加日を選択して送信。

ハイライト

  • MATLABではじめる画像処理ワークフロー
  • 機械学習や 3 次元LiDAR点群処理技術を活用した植物計測の技術革新
  • ディープラーニングによるインフラ損傷検出の自動化
  • 例題で実感するMATLABの画像処理・ディープラーニング

参加対象者

MathWorks製品の予備知識は必要ありません。本セミナーは以下のような方に最適なセミナーです。

  • これから画像処理をはじめられる方
  • 画像処理が専門ではないが、画像処理に興味をお持ちの方
  • 画像認識・トラッキング・3次元点群処理 等を、MATLABを使用して効率的に行いたい方
  • ディープラーニングの技術や活用例にご興味をお持ちの方

アジェンダ

時間 タイトル

13:00 

受付開始

13:30 - 14:20 

MATLABではじめる画像処理ワークフロー
MathWorks Japan 草野 駿一

MATLAB上での画像処理の一連の流れを、画像の取り込みから結果の出力(配布、実装)まで、デモを交えながら紹介します。これから画像処理をはじめる方に最適なセッションです。

  • MATLABによる効率的な画像処理のワークフロー
  • MATLABの特長や外観、豊富な可視化機能
  • 豊富なファイルI/Oとハードウェアとのリンク
  • 実行形式ファイル出力

 ※展示ブースでは、組み込み機器への実装をご覧いただけます。

14:20 - 14:30 

休憩

14:30 - 15:00 

機械学習や 3 次元点群処理技術が切り拓く植物計測の技術革新
東京大学、学術振興会特別研究員(DC1) 板倉 健太

植物の生育・分布状況やその他の状態をセンシングするためには優秀な「目」が必要である。農学分野で扱う複雑かつ多様に変化する樹木・植物など対象に対して、機械学習や深層学習、3次元点群処理は親和性が高い。3次元センサー(Lidar)等のセンサー情報と機械学習・深層学習などの手法と融合させた樹木の認識や樹木情報の取得、農場レベルでの植物の画像解析の事例を紹介し、これまで多大な労力を要していた植物のモニタリングでの労力やコストを大幅に削減できる可能性を示す。

15:00 - 15:10 

休憩

15:10 - 15:40 

ディープラーニングによるインフラ損傷領域の検出と管理指標
八千代エンジニヤリング株式会社 技術創発研究所 AI解析研究室 上席研究員 安野 貴人

近年、社会問題となっている老朽化したインフラの点検を持続可能とすべく、弊社はAIの活用を工夫し、護岸や橋脚など様々なインフラの点検効率化に取り組んでいる。その中から、従来、双眼鏡で目視スケッチしていたダムの損傷検出の作業負荷と精度不足の解消に向けた取り組みを中心に紹介する。1枚の画像に占める損傷の割合は、1%にすぎず目視で数の把握すら困難であった。屋外で撮影環境が変化する画像から、安定して損傷を検出するため、セマンティック・セグメンテーションを適用し、損傷領域の検出器を構築した。損傷のカウントと面積の大きさを近似計算することによって、補修対策の情報を自動抽出する取り組みをお話しする。

15:40 – 16:00 

休憩

16:00 - 17:00 

例題で実感するMATLABの画像処理・ディープラーニング最新機能
MathWorks Japan 福本 拓司

さまざまな分野で目で見て判断していた作業を自動化する流れが加速しています。本セッションは各分野での画像処理・ディープラーニングを用いた自動化に利用いただけるR2019aの新機能をデモを中心にご紹介していきます。

  • 医用画像処理(三次元ボリュームデータのセグメンテーション)
  • Yolo v2による物体検出
  • 工場/生産技術分野での異常検知

17:00 - 17:30 

Q&A ・ 個別相談会

17:30

終了

対象製品

満席につき受付終了