ミッションとバリュー

合理性を重んじる職場

MathWorks は、合理性を重んじる職場を構築し、知的な意思決定を行うことを信条としています。いかなる状況でも、「正しい答え」と物事を行うのに最適な方法があると考えており、それらに辿り着けるように努めています。

  • 合理的な判断基準で最良の決断を下す
    • アイデアを評価し、常に「なぜ」を説明する
    • 全体像を考慮して、長期的な視点で見る
    • win-win の解決策に辿り着くようにする
    • サンライトテストで」決定を行う方法
    • 適切な人を参加させる
    • アイデアの対立を奨励し、人と人との対立を抑制する
  • 境界のない組織によって利益を得る
    • 興味を持ってもらう - 他人の専門知識や視点を活用する
    • 他人に興味を持つ - プロジェクトに貢献する
    • デザインレビューとブレインストーミングを使用する - 三人寄れば文殊の知恵
    • 情報、計画、意思決定を共有する
    • クロスファンクショナル チームを活用して成し遂げる
    • コントロールするのではなく、オーナーシップを奨励する
  • 論理的に考えられる職場づくり
    • 方針やルールの背後にある「なぜ」を理解しようとする
    • 立場ではなく、知識や貢献度に基づいて相手を評価する
    • 全員に対して同じ「ルール」を適用する - 平等性と一貫性が重要
    • 卓越性に報いる努力をして、特権を回避する
    • 政治のない環境づくりに取り組む
    • 仕事の生産性を妨げる問題を解消する

合理性を重んじる職場を支えるプロセスとプログラム

アドバイザリチーム

社内のビジネスグループごとにアドバイザリチームがあります。このチームは、この特定の事業グループに特別なつながりや専門性を持つ社内の各分野の人々で構成されています。アドバイザリチームは、ビジネスグループが優先順位を設定して、問題を解決し、全体像を見ることができるようサポートします。ビジネスグループは、四半期に一度、アドバイザリチームとミーティングを行い、目標の進捗状況を確認し、評価基準を検討し、新たな計画と方向性を策定します。

ベストプラクティス

MathWorksにはルールがほとんどありません。その代わりに、個人やグループによって開発され、社内で採用されるほどの成功を収めた手順、つまりベストプラクティスを集めて使用しています。たとえば、会議の運営方法、パフォーマンス評価 (または自己評価) の記述方法、求職者との面接の方法などです。ベストプラクティスは創造的な思考を促し、これによりお互いの経験や創造力によるメリットが得られます。ベストプラクティスが、正式な規則や長いマニュアルよりも、効果的でモチベーションアップにつながると考えています。