継続的な改善と卓越性の追求

MathWorks は、プロジェクト、製品、プロセス、サービスの継続的な改善と卓越性を絶え間なく追求し、成功とは、正しいことを正しく行うこと、と定義しています。

  • 卓越性や偉業を目指して努力する
    • 技術革新、創造性、最先端を奨励する
    • 普通を期待以上のものにする - 自分なりの特別な工夫をする
    • 製品、情報、組織のデザインを重視する
    • システム全体や「ボールを拾う」解決策を探し求める
    • リスクを冒して新しいことに挑戦する - 「打席」を活用する
  • 絶え間なく段階的に改善する
  • 正しいことを正しく行う
    • 生産性を重視する。今やるべきことを今やる
    • 危機感を持ってプロジェクトを推進し、解決に注力する
    • 二度測って一度切る - 計画することで時間を節約する
    • 進歩への情熱と目的意識を育む 
    • 粘り強く物事を成し遂げる - 良いことには時間がかかる
    • 一見矛盾しているように見えるえ目標を両立させる (例: 「卓越」と「迅速」)

継続的な改善と卓越性の追求をサポートするプロセスとプログラム

ユーザビリティテスト

ユーザビリティテストとは、学習性、使いやすさ、柔軟性、安全性、有効性、効率性、ユーザーのシステムに対する姿勢などの観点からシステムを評価することを指します。MathWorks のユーザビリティ部門は、ペーパープロトタイピング テスト、フォーカスグループ、アンケート、調査などの方法と、現場のユーザビリティラボを利用して、ソフトウェアのプロトタイプや作業バージョンの経験的なフィードバックを提供しています。これにより、ユーザーがソフトウェアを操作する方法に関するデータを収集するための構造化されたアプローチが可能になります。

デザインレビュー

MathWorks において「デザインレビュー」とは、用意した計画、製品のコンセプト、開発したデザインなどを分析して改良するために、他の人が協力する機会です。MathWorks はチームワークを重視しており、レビューはチーム全体が同じ認識を持つための手段です。また、最上位の役職者による最良のアイディアでさえも、多くの人が目を通し、反対意見を出し、改善方法を提案することで、さらに良いものにできると考えています。準備する - 初めてのデザインレビューでは、圧倒されるかもしれません。長い間、何かに取り組んできて、それを誇りに思っていたのに、突然、何人もの人が様々な提案をし、多くの弱点を指摘するのですから。守りに入らない - どんなものでも改善できるし、多くのプランには簡単には見つけられない欠陥があるものです。デザインレビューチームのメンバーは、あなたを助けるために存在しています。もしあなたがデザインレビューチームのメンバーであれば、あなたの役割は、建設的かつ具体的に発言し、代替案を考え出すことです。足りないものを他人に指摘されるのは悔しくて恥ずかしいかもしれませんが、誰かがそれを指摘してくれれば、より良い結果が得られます。

振り返り

「試合後の分析」ともいいます。MathWorks では、ミーティングやプロジェクトの最後に短い「振り返り」のディスカッションを行い、うまくいったことやうまくいかなかったこと、次回のミーティングやプロジェクトをどのように改善していくかについて分析します。

ペーパー プロトタイピング

ソフトウェア製品のUI (ユーザー インターフェイス) の開発を迅速化するためのプロセスを指します。UI をプロトタイピングするためのコードを記述するのではなく、インクと紙を使って、切り貼りしていきます。この方が、開発サイクルがずっと速く進むのです。ペーパー プロトタイピングは、ほとんどの開発者が受講するコースで説明されます。