RFシステムの設計は、近年複雑化が進んでおり、各領域のエンジニアが個別に設計作業を進める手法では限界に達しつつあります。しかし、システムレベルのモデルを利用することで、アイデアやトレードオフを検討し、システム性能を最適化するとともに、同僚や顧客、サプライヤーとのコミュニケーション向上、連携強化を実現することができます。これまでの表計算ソフト、ラボでのプロトタイプ作成を越えて、マルチキャリアのサーキットエンベロープを使った迅速なシミュレーションに移行しましょう。

このホワイトペーパーでは、スマートRFシステムを構築する上で重要となる4つのステップをご紹介します。

  1. 表計算ソフトの代わりにRF Budget Analyzerアプリを使用して、RFバジェットを計算する
  2. マルチキャリアモデルを自動生成して、RFビヘイビアをシミュレーションする
  3. 信号処理アルゴリズム、制御ロジックをRFモデルと統合する
  4. 測定データを使用してRFモデルを検証する

ホワイトペーパーをダウンロードして、MATLAB®を使用したRFシステムのモデリングとシミュレーションをぜひご覧ください。