このホワイトペーパーでは、MATLAB®/Simulink®を活用して5G向けMassive MIMOアンテナアレイでハイブリッドビームフォーミングを設計する方法をご紹介します。

64 x 64素子、66 GHzミリ波(mmWave)帯のフェーズドアレイ設計を例として、アンテナアレイをモデル化し、デジタル領域とRF領域間でのビームフォーミング動作をパーティションニングする以下の手順を詳しく解説しています。

  • アレイを指定し、形状、2D/3Dの指向性、およびグレーティングローブを可視化
  • モデルの精度を向上させるためにアンテナパターンをインポート
  • アレイ素子の不完全性、素子とサブアレイの障害、および相互結合による影響を緩和
  • アレイアーキテクチャの設計、RF位相シフトおよびデジタルの複素で重みを生成
  • 忠実度の高いRF/デジタルマルチドメインシミュレーションを利用してリンクレベルのパフォーマンスを測定
  • マルチユーザー用ビームフォーミングのシナリオをモデリング
  • パフォーマンス、電力損失、実装の複雑なトレードオフを評価

PDFではダウンロード可能なコードおよびモデルへのリンクもご覧いただけます。