無料の量産コード生成評価キット (Eclipse 統合開発環境ベース)

このインタラクティブ チュートリアルを通じて基礎を学ぶことができます。このチュートリアルでは、マイクロコントローラー ユニット (MCU) 用の C コードの生成に焦点が当てられています。


このダウンロード可能な評価キットには、Simulink および Real-Time Workshop Embedded Coder と Eclipse 統合開発環境を組み合わせてコードを生成するための一連の作業を解説するインタラクティブ チュートリアルが用意されています。チュートリアルの学習には最大 3 時間を要しますが、段階的に進めることもできます。チュートリアルを終えると、モデルベース デザインで量産品質のコードを生成する手法を深く理解できるようになります。このチュートリアルには以下のモジュールが含まれます。

  • 概要: 組み込みコード生成モデルを作成するための基本的な設定手順を紹介します。
  • モデルの理解: 挙動および構造の観点からモデルを概説し、コードの生成方法とモデルを設定するための基礎について説明します。
  • データインターフェイスの設定: 生成されたコードでの信号およびパラメーターの仕様を扱います。
  • 生成したコード内の関数を分割: モデル内のサブシステムを特定の関数名およびファイルに関連付ける方法を紹介します。
  • Simulink モデルと生成したコードから外部 C コードの呼び出し: 外部関数を呼び出す方法として、Legacy Code Tool を紹介します。Legacy Code Tool を使用すると、シミュレーション内から、および生成されたコード内で、外部関数を呼び出すことができます。
  • 生成したコードを外部環境に統合 (Eclipse を使用): 外部ビルド プロセスの概要 (必要なファイルや、生成されたコードの呼び出しに使用するインターフェイスなど) を紹介します。
  • 生成したコードのテスト (Eclipse を使用): 生成されたコードの検証方法として、システムレベルの S-function を使用する方法と、外部環境でコードを実行する方法の 2 つを紹介します。
  • 生成されたコードの最適化: 生成されたコードのビルド特性を見直します。いくつかのモデル設定の RAM/ROM データを提供します。
  • Cygwin と Eclipse のインストール (オプション手順)

You are already signed in to your MathWorks Account. Please press the "Submit" button to complete the process.