通信業界のリーディングカンパニーでは、無線エンジニアがMATLAB®/Simulink®を使い、5Gテクノロジーの迅速な開発と実現に向けた検証に取り組んでいます。

新たな5G標準化の主要技術を学び、5Gのアルゴリズムを最適化し、さらにHDLコードを自動生成してFPGAプロトタイプを構築する方法を解説しています。

この実践的なガイドには以下の内容が含まれています。

  • セクション1: テクノロジーと設計
    周波数の利用効率向上とデータ転送速度の最適化に必要となる5Gの物理層とRFのテクニックの概要を学びます。
  • セクション2: 新しいアーキテクチャとアルゴリズム
    ハイブリッドビームフォーミング、パワーアンプの線形化、新たな波形、Polar符号とLDPC符号化のテクニックを紹介します。
  • セクション3: プロトタイプとフィールド試験の高速化
    MATLABのリファレンスアルゴリズムをHDLコードに自動で変換する手順を紹介します。ケーススタディでは、HuaweiやEricssonにおける実践方法をご覧ください。
  • セクション4: システムの検証とテスト
    ソフトウェア無線とRF機器を利用した実信号によるテストの方法と、大規模なテストデータを後処理、解析、可視化する方法を紹介します。

まずは、ebookをダウンロードしてご覧ください。