コースの改善方法を検討する。

就職に向けた準備では、技術力や問題解決力を高めるコースのコンテンツを学生が利用できるようにする必要があります。MathWorks のツールがコース開発と配信のワークフローをどのようにサポートしているのかをご覧ください。


講義の内容を充実させる。

教員は多くの場合、説明文、数式、コード、結果をまとめた魅力的な講義を作成することを求められます。ライブスクリプトを使用すると、この他にもさまざまな工夫を加えられます。MATLAB コードでライブスクリプトを作成し、学生が自分で調べて学習できる課題を作成する方法をご覧ください。


学習を始める学生をサポートする。

進捗状況に関するレポートを提供する無料のチュートリアルで、学生が MATLAB の基礎を理解し、知識を確実に身につけられるようサポートします。自己学習形式コースの全体、もしくは手軽に 2 ~ 3 のモジュールを授業に取り入れて活用できます。


学生とコンテンツを共有する。

MATLAB Online と MATLAB Drive のフォルダーを共有し、MathWorks Cloud を使用して共同作業ができます。共有フォルダーへの閲覧専用リンクを作成するか、特定のユーザーを招待してコンテンツ編集の可否を指定します。


学生の課題を評価する。

学生の MATLAB スキルと学習目標の習得度を評価します。MATLAB Grader を使用すると、あらゆる学習環境で MATLAB コーディングの課題を自動的に採点でき、大人数の授業にも評価をスケーリングできます。MATLAB Grader は、自動フィードバックを用いた形成的評価と、小テストや試験などの総括的評価の両方に使用することができます。


コミュニティとつながる。

グローバル コミュニティの MATLAB Central を使用して、他のメンバーとつながることができます。技術的な質問への回答を探したり、コードを取得したり、世界中で他のユーザーが MATLAB と Simulink を仕事に活用している方法について、最新情報を入手したりできます。