Simulink モデルの管理

このコースでは、モデルベースデザインを設計プロセスに適用するための様々な機能について学びます。特に大規模なプロジェクト環境において、Simulink モデルを共有および管理するための機能について取り上げます。

  • Simulink モデルやサブシステムのインターフェイス制御
  • Simulink モデルと要求仕様の関連付け
  • Simulink サブシステム、ライブラリ、モデル参照によるモデル分割
  • プロジェクト内で一貫したモデルの管理
  • モデルデータの保存場所、参照範囲、コード生成時の動作の制御
  • モデリング標準の作成および適用
  • Simulink モデルのドキュメント化および共有化

トレーニング形式

形式 コース期間 コース概要

クラスルーム形式

MathWorks の講師から指導を受けながら、クラスルーム形式でご受講いただくことができます。開催場所は、MathWorks のオフィスもしくは、公共の施設となります。なお、本形式はお客様の施設でも開催可能です。

2 日間 コース詳細概要

オンライン – 講師が指導する形式

MathWorks の講師からオンラインで指導を受けることができます(英語)。本形式では、クラスルーム形式トレーニングと同じテキストを使用します。なお、複数のタイムゾーンで開催されますが、主に米国東部標準時で開催されます。

2 日間 コース詳細概要

必要条件

MATLAB 基礎コースおよび、Simulink 基礎コースを受講された方、もしくは同等の知識を有している方。なお、このコースは中級レベル以上の Simulink ユーザー様を対象としております。