SIMULINK

ビデオ

Simulink 概要 Simulink® のモデル化およびシミュレーション機能の概要をご紹介します。

Simulink でシミュレーションを簡単に Simulink を使用してマルチドメインの動的システムをシミュレーションします。

モデル参照を使用したモジュール式設計 コンポーネントベース モデリングのためのモデル参照の値を見つけます。

Simulink プロジェクトでチーム コラボレーション Simulink プロジェクトによるチーム コラボレーションの概要をご紹介します。

新しい Simulink エディターの登場 新しい Simulink エディターでは、モデル化を簡単に行えます。

階層モデルのナビゲーション エクスプローラー バー、タブ付きのウィンドウ、モデル ブラウザーで階層状のモデルを簡単にナビゲーションできます。

スマートな信号の経路指定 ブロックを別のブロックとつなぐだけで、ブロックをオーバラップさせずに最もシンプルな信号経路がSimulink によって決定されます。

シミュレーションの巻き戻し   シミュレーションをステップごとに前進または後退させて、システムの動作を解析できます。

ブロックのコメント化 ブロックをシミュレーションから非表示にすることで、オリジナルを維持しながら、ブロックの代替バージョンをテストできます。

Simulink 入門 モデルを構築してシミュレーションを行います。

シミュレーション結果の可視化 スコープとビューアーを使用してシミュレーション結果を可視化します。

Simulink の結果の可視化 ( 英語 ) スコープとビューアーを使用してシミュレーション結果を可視化します。

モデル参照入門 モデルブロックを、新たにまたは既存のサブシステムから変換して作成します。

サブシステムの作成とマスク サブシステムを使用して階層を作成し、システムの挙動をモジュール化します。

Simulink モデルへの MATLAB アルゴリズムの組み込み MATLAB® Function ブロックを使用して、MATLAB コードを Simulink® モデルに組み込みます。

ソルバーの使用 既定のソルバー設定を変更して、シミュレーションの精度と速度を向上させます。

ライブラリの作成 機能を共有して再利用するためのカスタム ライブラリ ブロックを作成します。

Variant Subsystem の使用 Variant Subsystem を使用して設計の選択肢を切り替えます。

複数の Simulink シミュレーションの並列実行の紹介 parfor を使用して複数のシミュレーションの実行を加速高速化します。

Speeding Up Design Optimization Improve performance for design optimization tasks using features like Simulink® Fast Restart and parallel computing.

制御システムの早期検証 システムの性能および信頼性を、時間と予算の制約の中で提供します。

信号処理システムの早期検証 信号処理のソフトウェアおよびハードウェアの検証時間を削減します。

位置制御システムの Hardware-in-the-Loop テストのデモ ( 英語 ) Simulink® を使用して、レーダー追跡向けの位置制御システムをモデル化します。コントローラーはプラントから分離し、離散化します。

自動車のパワートレイン制御システム モデルベース デザインを使用して、自動車のパワートレイン コントローラーを開発します。

Cadence Spectre を使用した SPICE モデルとのコシミュレーション Cadence Spectre® で、詳細なアナログ シミュレーションとコシミュレーションします。

2 次シグマデルタ型変調器 2 次シグマデルタ型変調器を迅速にシミュレーションし、アナログ、デジタルコンポーネントを、同じモデル内に同時にモデル化します。

RF 通信リンクをモデリング Simulink® を使用して、衛星通信システムにおける RF 通信リンクをモデル化します。

浮動小数点モデルから固定小数点への変換 浮動小数点 Simulink® モデルを固定小数点へ変換します。

固定小数点モデルの組み込み C コードの生成 ( 英語 ) Simulink Coder ® を使用して、固定小数点モデルから C コードを生成します。

協調シミュレーションによる固定小数点コードの検証 ( 英語 ) Embedded Coder および Simulink® を使用して、ハードウェア ソフトウェア コシミュレーションで、検証を実行します。

Simulink でレーダー システムをモデリング Simulink® を使用して、レーダー システムのマルチドメイン システムレベルモデルを開発します。

単純な通信リンクをモデリング Simulink®、DSP System Toolbox、および Communications System Toolbox を使用して単純な通信リンクをモデリングします。

xPC Target を使用したロボットアーム制御システム ( 英語 ) xPC Target™ を使用して、ロボット アームを設定および制御します。

モデル内の信号の大規模な配列をグループ化 For Each subsystems を利用して、構造体配列を表現し、効果的にそれらを処理します。

モデル エクスプローラーの強化 モデル エクスプローラーを使用して、データをすばやくインポートおよびエクスポートし、グループ化とフィルター処理を使用して項目を表示します。

調整可能な構造体パラメーター 構造体のワークスペースにおける、調整可能なパラメーターの数を減らします。

Simulink モデルで使用される変数を見つける モデルのデータ依存性を理解し、管理する。

アルゴリズムのベクトル化のための For Each Subsystem 同一のアルゴリズムを使い、入力信号の個々の要素やサブ配列を処理します。

For Each Subsystem により増加するコード再利用 同一のアルゴリズムが異なるサイズの信号に適用される場合、再利用可能な単一の関数を生成します。