Image Processing Toolbox


詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。


Latest Releases

R2016b で提供される Version 9.5 では、以下の機能が強化されています。

  • Image Browser アプリ: 複数の画像を表示し、選択した画像をアプリにインポート
  • Color Thresholder アプリ: セグメント化のために色データを点群として表示
  • エッジ認識フィルター処理: ラプラシアン ピラミッドに基づいてエッジ認識フィルターを実行
  • 3-D スーパーピクセル: 3次元イメージに Simple Linear Iterative Clustering (SLIC) を使用
  • 3-D メディアン フィルター処理: メディアン フィルターを3次元イメージデータに適用

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2016a で提供される Version 9.4 では、以下の機能が強化されています。

  • superpixels: SLIC (Simple Linear Iterative Clustering) を使用してピクセルをグループ化し、カラーおよびグレースケール イメージの効率的なセグメンテーションを実現
  • Image Segmenter: フラッドフィルや適応しきい値処理などの新しい手法を使用してイメージをセグメント化
  • Image Batch Processor: 拡張されたワークフローを使用してイメージ以外の結果をエクスポート
  • imgradient3 および imgradientxyz: 3D の勾配の大きさ、方向および高度を計算
  • C コード生成: MATLAB Coder を使用して 20 の追加関数からコードを生成

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2015b で提供される Version 9.3 では、以下の機能が強化されています。

  • ​gabor および imgaborfilt: エッジおよびテクスチャ解析で使用するガボール フィルター バンクの設計と適用のための新しいクラスおよび関数
  • grayconnected および imboxfilt: 輝度により領域をセグメント化して空間領域フィルターを適用
  • パフォーマンス: グレースケール モルフォロジー処理および画像のフィルター処理のためのパフォーマンスの向上
  • dpxread および dpxinfo: Digital Picture Exchange(DPX)フォーマットファイルの読み取り

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2015a で提供される Version 9.2 では、以下の機能が強化されています。

  • regionprops, watershed, bweuler, bwlabel, bwperim, multithresh など, 20 を超える関数の C コード生成を MATLAB Coder を使用してサポート
  • 一連の画像をバッチ処理するアプリ
  • 対話方式での高速な測地的セグメンテーション
  • ガウシアンフィルター向けに最適化された関数
  • imregionalmax, imregionalmin, imgaussfilt, imgaussfilt3, regionprops の関数の GPU による高速化

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2014b で提供される Version 9.1 では、以下の機能が強化されています。

  • 画像セグメンテーションおよび領域解析のためのアプリ
  • bwtraceboundaryimadjustimclearborder、および medfilt2 など、MATLAB Coder を使用した追加の 16 関数に対する C コード生成サポート
  • 柔軟な画像登録
  • 置換フィールドを使用した画像の歪み
  • Fast Marching Method アルゴリズムを使用した画像セグメンテーション

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2014a で提供される Version 9.0 では、以下の機能が強化されています。

  • MATLAB Coder を使用した C コード生成が 25 種類を超える関数 (edgeimfilterimwarpimopenimcloseimerodeimdilate など) に対応
  • GPU による高速化が追加で 9 種類の関数 (bwdistimfillimreconstructiradonradonstretchlim など) に対応
  • カラー画像の2値化用アプリ
  • ピーク信号対雑音比 (psnr) および構造的類似度法 (ssim) を含む、画質評価法
  • 画像の強調のためのガイデッドフィルター処理
  • 位相相関および平行移動のみによる画像レジストレーション関数

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2013b で提供される Version 8.3 では、以下の機能が強化されています。

  • bwmorphedgeimresize、 および medfilt2 を含む、20 個を超える関数の GPU 高速化
  • 2 次元幾何学的変換の強化: 区分的線形、局所重み付き平均、および多項式を追加
  • imregister および imregtform に初期変換指定パラメーターを追加
  • 幾何学的変換をコントロール ポイントの組に近似させる fitgeotrans 関数

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2013a で提供される Version 8.2 では、以下の機能が強化されています。

  • アクティブ コンターを使用した画像区分化
  • 2 次元および 3 次元幾何学的変換の表現と適用のためのクラスと関数
  • 画像の世界座標系を定義するためのクラス
  • 関数 conndefimcomplementimfillimhmaximhminimreconstructimregionalmaximregionalminiptcheckconn、 および padarray のコード生成 (MATLAB Coder を使用)
  • 関数 imrotateimfilterimdilateimerodeimopenimcloseimtophatimbothatimshowpadarray、 および bwlookup の GPU 高速化 (Parallel Computing Toolbox を使用)
  • アンシャープ マスク フィルター処理

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。