Image Processing Toolbox

画像処理、解析およびアルゴリズム開発の実行

Image Processing Toolbox™ には、画像処理、解析、可視化およびアルゴリズム開発のための包括的な参照標準アルゴリズム、関数およびアプリが用意されています。画像の強調、ボケの修正、特性検出、ノイズ除去、画像の区分け分割、幾何学的変換、画像のレジストレーションを実行することができます。画像処理製品に含まれる関数の多くはマルチスレッドに対応しており、マルチコア コンピューターやマルチプロセッサ コンピューターのメリットを活かすことが可能です。

画像処理製品は、ハイ ダイナミック レンジ画像、ギガピクセル解像度をもつ画像、組み込みの ICC プロファイル画像、断層画像など、さまざまな種類の画像をサポートします。可視化関数により、画像の探索調査、ピクセル領域の調査、コントラストの調整、コンターまたはヒストグラムの作成、関心領域 (ROI) の操作を行うことができます。また、劣化した画像の復元、特徴の検出と測定、形状やテクスチャの解析、カラー バランスの調整を行うアルゴリズムが用意されています。

いまからはじめるMATLAB画像処理ワークフロー

Web セミナーを表示する

評価版Image Processing Toolbox

評価版ソフトウェアを入手する

製品評価版の入手
または製品の購入

Andy Thé

新着情報

Andy Thé、 Image Processing Toolbox 技術エキスパート