MATLAB Distributed Computing Server

新機能

R2014b (バージョン 6.5)

リリース日: 2014年10月2日

R2014b で提供される Version 6.5 では、以下の機能が強化されています。

  • mapreduce を使用した Hadoop クラスターに対するデータ解析
  • fft2fftnifft2ifftncummaxcummin、および diff など、分散配列のための MATLAB 関数の追加

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

今すぐアップデート

以前のリリース

R2014a (バージョン 6.4) - 2014年3月6日

R2014a で提供される Version 6.4 では、以下の機能が強化されています。

  • タスクの一部または全部を含めた既存のジョブの複製

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2013b (バージョン 6.3) - 2013年9月5日

R2013b で提供される Version 6.3 では、以下の機能が強化されています。

  • parpool: MATLAB ワーカーの並列プールを簡単に操作するための新しいコマンドライン インターフェイス ((matlabpool の後継)、 デスクトップ インジケーターおよび設定
  • parfor または spmd を使用したコードを実行する際の並列プール起動の自動化
  • MPI を使用せずに並列プールを起動するオプション
  • 分散配列に対応するその他の MATLAB 関数: permuteipermute および sortrows

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2013a (バージョン 6.2) - 2013年3月7日

R2013a で提供される MATLAB Distributed Computing Server 6.2 には、バグフィクスが含まれています。

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2012b (バージョン 6.1) - 2012年9月11日

R2012b で提供される MATLAB Distributed Computing Server 6.1 では、以下の機能が強化されています。

  • ノード上で複数の GPU が利用可能な場合、クラスター ノード上の特定 GPU を自動的に検出および選択
  • ユーザーのデスクトップからプロファイル マネージャーを経由して接続可能な MATLAB Distributed Computing Server クラスターを検出

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

製品評価版の入手
または製品の購入