ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

rsums

リーマン和の対話的評価

構文

rsums(f)
rsums(f,a,b)
rsums(f,[a,b])

説明

rsums(f) は、x の中間リーマン和によって、0 から 1 までの f(x) の積分を対話的に近似します。rsums(f) は、10 個の項 (長方形のバー) を使用して、f(x) のグラフを表示します。グラフの下にあるスライダーを使って、中央リーマン和を計算する項数を調整できます。項数は 2 から 128 の範囲で変えられます。f には文字列またはシンボリック式が使用できます。各四角形の高さは、各区間の中央の関数値によって特定されます。

rsums(f,a,b)rsums(f,[a,b]) は、x による a から b までの積分を近似します。

すべて折りたたむ

リーマン和の可視化

rsums('exp(-5*x^2)') または rsums exp(-5*x^2) を使用して次のプロットを作成します。

rsums exp(-5*x^2)

この情報は役に立ちましたか?