ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

latex

シンボリック式の LaTeX 形式

構文

説明

latex(S) は、シンボリック式 S の LaTeX 形式を返します。

シンボリック式の LaTeX 形式

シンボリック式 x^2 + 1/xsin(pi*x) + alpha の LaTeX 形式を求めます。

syms x alpha
latex(x^2 + 1/x)
latex(sin(pi*x) + alpha)
ans =
\frac{1}{x} + x^2

ans =
\mathrm{alpha} + \sin\!\left(\pi\, x\right)

シンボリック行列の LaTeX 形式

シンボリック行列 M の LaTeX 形式を求めます。

syms x
M = [sym(1)/3 x; exp(x) x^2]
latexM = latex(M)
M =
[    1/3,   x]
[ exp(x), x^2]

latexM =
\left(\begin{array}{cc} \frac{1}{3} & x\\ \mathrm{e}^{x} &...
 x^2 \end{array}\right)

LaTeX を使用したタイトル、座標軸ラベルおよび目盛りの書式設定

$x$ $y$ に対して、 $-2\pi$ から $2\pi$ の範囲で、3 次元表面 $y\sin(x) - x\cos(y)$ をプロットします。gca を使用して a に座標軸のハンドルを格納します。a.Box を使用して座標軸のボックスを表示し、目盛りラベルのインタープリターを latex に設定します。

x 軸の範囲を pi/2 の間隔にして、x 軸の目盛りを作成します。round を使用して座標軸の範囲を pi/2 の倍数に正確に変換し、S の目盛りのシンボリックな値を取得します。aXTick プロパティを S に設定して、目盛りを表示します。arrayfun を使用して latexS に適用した後に、$ を連結して、x 軸の LaTeX ラベルを作成します。ラベルを aXTickLabel プロパティに割り当てて、これらのラベルを表示します。

以上の手順を、y 軸について繰り返します。latex インタープリターを使用して x 軸と y 軸のラベルおよびタイトルを設定します。

syms x y
f = y.*sin(x)-x.*cos(y);
fsurf(f,[-2*pi 2*pi])
a = gca;
a.TickLabelInterpreter = 'latex';
a.Box = 'on';
a.BoxStyle = 'full';

S = sym(a.XLim(1):pi/2:a.XLim(2));
S = sym(round(vpa(S/pi*2))*pi/2);
a.XTick = double(S);
a.XTickLabel = strcat('$',arrayfun(@latex, S, 'UniformOutput', false),'$');

S = sym(a.YLim(1):pi/2:a.YLim(2));
S = sym(round(vpa(S/pi*2))*pi/2);
a.YTick = double(S);
a.YTickLabel = strcat('$',arrayfun(@latex, S, 'UniformOutput', false),'$');

xlabel('x','Interpreter','latex');
ylabel('y','Interpreter','latex');
zlabel('z','Interpreter','latex');
title(['$' latex(f) '$ for $x$ and $y$ in $[-2\pi,2\pi]$'],'Interpreter','latex')

入力引数

すべて折りたたむ

入力。シンボリックな数値、ベクトル、行列、多次元配列、関数または式として指定します。

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?