ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MuPAD 式からの Simscape 方程式の作成

Symbolic Math Toolbox™ では、Simscape™ の [equation] セクションの計算結果を使用して、シンボリック計算を Simscape のモデリング ワークフローに統合できます。

MATLAB® コマンド ウィンドウを使用する場合は、「Simscape 方程式の生成」を参照してください。

MuPAD® Notebook アプリケーションで作業を行う場合は、次のことができます。

  • MuPAD 式を変数に代入して、その変数を Notebook から MATLAB ワークスペースにコピーします。simscapeEquation を使用して、MATLAB コマンド ウィンドウに Simscape 方程式を生成します。

  • Notebook の MuPAD 式から Simscape 方程式を生成します。

どちらの場合も、生成された方程式を使用するには、手動で方程式をコピーし、それを Simscape コンポーネント ファイルの [equation] セクションに貼り付けなければなりません。

たとえば、次の手順に従って、MuPAD Notebook アプリケーションで計算された常微分方程式の解から Simscape 方程式を生成します。

  1. ハンドル notebook_handle を使用して、MuPAD Notebook を開きます。

    notebook_handle = mupad;
  2. この Notebook に次の方程式を定義します。

    s:= ode(y'(t) = y(t)^2, y(t)):
  3. MuPAD Notebook アプリケーションと MATLAB コマンド ウィンドウのどちらに Simscape 方程式を生成するかを選択します。

MuPAD Notebook アプリケーションでの Simscape 方程式の生成

同じ Notebook に Simscape 方程式を生成するには、generate::Simscape を使用します。画面に生成された Simscape のコードを表示するには、print 関数を使用します。引用符を削除し、改行やタブなどの特殊文字を拡張するには、印字オプション Unquoted を使用します。

print(Unquoted, generate::Simscape(s))

このコマンドは Simscape 方程式を返します。それをコピーして、Simscape の [equation] セクションに貼り付けます。

  -y^2+y.der == 0.0;

MATLAB コマンド ウィンドウでの Simscape 方程式の生成

MATLAB コマンド ウィンドウに Simscape 方程式を作成するには、以下の手順に従います。

  1. getVar を使用して、変数 s を MATLAB ワークスペースにコピーします。

    s = getVar(notebook_handle, 's')

    変数 s とその値が MATLAB ワークスペースと MATLAB コマンド ウィンドウに表示されます。

    s =
    ode(D(y)(t) - y(t)^2, y(t))
  2. simscapeEquation を使用して、s から Simscape 方程式を生成します。

    simscapeEquation(s)

生成された方程式をコピーして、Simscape の [equation] セクションに貼り付けます。自動生成された変数 ans とその後の等号はコピーしてはなりません。

ans =
s == (-y^2+y.der == 0.0);
この情報は役に立ちましたか?