ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

unifstat

連続一様の平均と分散

構文

[M,V] = unifstat(A,B)

説明

[M,V] = unifstat(A,B) は、連続一様分布の平均と分散を返します。その際に、対応する下限端点 (最小) A と上限端点 (最大) B を使用します。AB のベクトル入力または行列入力は、サイズが同じでなければなりません。このサイズは、MV のサイズでもあります。A または B のスカラー入力は、他の入力と同じ次元の定数行列に拡張されます。

パラメーターが ab の連続一様分布の平均は、(a + b)/2 であり、分散は (a – b)2/12 です。

a = 1:6;
b = 2.*a;
[m,v] = unifstat(a,b)
m =
  1.5000  3.0000  4.5000  6.0000  7.5000  9.0000
v =
  0.0833  0.3333  0.7500  1.3333  2.0833  3.0000
この情報は役に立ちましたか?