ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

tstat

スチューデントの t 平均と分散

構文

[m,v] = tstat(nu)

説明

[m,v] = tstat(nu)nu の自由度を使用してスチューデント t 分布の分散の平均値を返します。nu はベクトル、行列または多次元配列です。mv の戻り値は nu と同じサイズです。

すべて折りたたむ

自由度 nu が 1 から 30 に等しいスチューデント t 分布で平均と分散を計算します。

nu = reshape(1:30,6,5);
[m,v] = tstat(nu)
m =

   NaN     0     0     0     0
     0     0     0     0     0
     0     0     0     0     0
     0     0     0     0     0
     0     0     0     0     0
     0     0     0     0     0


v =

       NaN    1.4000    1.1818    1.1176    1.0870
       NaN    1.3333    1.1667    1.1111    1.0833
    3.0000    1.2857    1.1538    1.1053    1.0800
    2.0000    1.2500    1.1429    1.1000    1.0769
    1.6667    1.2222    1.1333    1.0952    1.0741
    1.5000    1.2000    1.1250    1.0909    1.0714

自由度 1 と 2 に対する分散は存在しないことに注意してください。

詳細

すべて折りたたむ

スチューデント t の平均と分散

スチューデント t 分布の平均は、以下のとおりです。

mean=0

ただし、自由度 ν は 1 より大きい値です。ν が 1 に等しい場合、平均は定義されません。

スチューデント t 分布の分散は、以下のとおりです。

var=νν2

ただし、自由度 ν は 2 より大きい値です。ν が 2 以下の場合、分散は定義されません。

参考

| | |

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?