ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

trnd

スチューデントの t 乱数

構文

r = trnd(nu)
r = trnd(nu,m,n,...)
r = trnd(nu,[m,n,...])

説明

r = trnd(nu) は、nu の自由度でスチューデントの t 分布からから乱数を生成します。nu はベクトル、行列、または多次元配列のいずれかです。r のサイズは、nu のサイズに等しくなります。

r = trnd(nu,m,n,...) または r = trnd(nu,[m,n,...]) は、mn 列 ... の配列を生成します。nu パラメーターには r と同じサイズのスカラーまたは配列を使用できます。

すべて折りたたむ

スチューデントの t 分布乱数の生成

r1 = trnd(ones(1,6))
r1 =

    0.2108    7.8450  -11.0511    0.4134    4.3293   -0.8323

r2 = trnd(1:6,[1 6])
r2 =

    8.9290   -0.1908    0.3496   -0.7658    1.3234   -1.2808

r3 = trnd(3,2,6)
r3 =

    1.3157    0.7010    0.1591   -1.3840    4.1354    0.2442
    0.9789   -2.4700   -1.8884   -0.0116   -0.9496   -0.2340

参考

| | | |

この情報は役に立ちましたか?