ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

tblwrite

表形式データのファイルへの書き込み

構文

tblwrite(data,varnames,casenames)
tblwrite(data,varnames,casenames,filename)
tblwrite(data,varnames,casenames,filename,delimiter)

説明

tblwrite(data,varnames,casenames) は、表形式データの出力ファイルを対話型で指定する [ファイルを開く] ダイアログ ボックスを表示します。ファイル形式は、1 行目に変数名、1 列目にケース名で、data は (2, 2) の位置から開始します。

varnames は、変数名を含む文字列行列です。casenames は 1 列目に各ケース名を含む文字列行列です。data は変数とケースの各ペアに対する 1 つの値をもつ数値行列です。

tblwrite(data,varnames,casenames,filename) は、現在のフォルダーのファイルまたはその他のファイルの完全パス名を文字列 filename で指定します。

tblwrite(data,varnames,casenames,filename,delimiter) は、delimiter を区切り文字として使用し、ファイルに書き込みます。次の一覧表に、delimiter として使用可能な文字値とそれと等価な文字列値をまとめます。

文字文字列
' ''space'
'\t''tab'
',''comma'
';''semi'
'|''bar'

delimiter の既定値は 'space' です。

tblread の例を続けます。

tblwrite(data,varnames,casenames,'sattest.dat')
type sattest.dat
		             Male  Female
Verbal 			  470	 530
Quantitative		520	 480
この情報は役に立ちましたか?