ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

rcoplot

残差事例順プロット

構文

rcoplot(r,rint)

説明

rcoplot(r,rint) は、回帰からの残差に信頼区間の errorbar のプロットを表示します。残差は、事例順にプロットに示されます。入力 rrint は、関数 regress の出力です。

以下は、moore.mat のデータに対する線形加法モデルの回帰から予測区間と残差をプロットします。

load moore
X = [ones(size(moore,1),1) moore(:,1:5)];
y = moore(:,6);
alpha = 0.05;
[betahat,Ibeta,res,Ires,stats] = regress(y,X,alpha);
rcoplot(res,Ires)

1 番目の残差を含む区間 (赤で表示) には、ゼロが含まれません。これは、残差が新しい観測の 95% 内と予想されるよりも大きく、そのデータが外れ値であることを示します。

参考

この情報は役に立ちましたか?