ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

mean

クラス: prob.KernelDistribution
パッケージ: prob

確率分布オブジェクトの平均

構文

m = mean(pd)

説明

m = mean(pd) は、確率分布 pd の平均 m を返します。

入力引数

すべて展開する

確率分布。確率分布オブジェクトとして指定します。fitdist または分布近似アプリを使用して確率分布オブジェクトをデータにあてはめます。

出力引数

すべて展開する

確率分布の平均。スカラー値として返されます。

すべて展開する

標本データを読み込みます。カーネル分布をガロンあたりの走行マイル数 (MPG) データに近似して、確率分布オブジェクトを作成します。

load carsmall;
pd = fitdist(MPG,'Kernel')
pd = 

  KernelDistribution

    Kernel = normal
    Bandwidth = 4.11428
    Support = unbounded

分布の平均値を計算します。

mean(pd)
ans =

   23.7181

参考

|

この情報は役に立ちましたか?