ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

poissrnd

構文

R = poissrnd(lambda)
R = poissrnd(lambda,m,n,...)
R = poissrnd(lambda,[m,n,...])

説明

R = poissrnd(lambda) は、平均パラメーター lambda をもつポアソン分布から乱数を生成します。lambda には、ベクトル、行列、または多次元配列を指定できます。R のサイズは、lambda のサイズです。

R = poissrnd(lambda,m,n,...) または R = poissrnd(lambda,[m,n,...]) は、mn 列 ... の配列を生成します。lambda パラメーターには R と同じサイズのスカラーまたは配列を使用できます。

λ = 2 のポアソン分布から 10 の疑似観測値のランダム標本を生成します。

lambda = 2;

random_sample1 = poissrnd(lambda,1,10)
random_sample1 =
   1   0   1   2   1   3   4   2   0   0

random_sample2 = poissrnd(lambda,[1 10])
random_sample2 =
   1   1   1   5   0   3   2   2   3   4

random_sample3 = poissrnd(lambda(ones(1,10)))
random_sample3 =
   3   2   1   1   0   0   4   0   2   0
この情報は役に立ちましたか?