ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

disp

クラス: LinearModel

線形回帰モデルの表示

構文

display(mdl)

説明

display(mdl)mdl 線形モデルを表示します。

入力引数

mdl

fitlm または stepwiselm によって構築される線形モデル。

すべて展開する

線形回帰モデルの表示

線形回帰モデルを作成して表示します。

線形回帰モデルを作成します。

X = randn(100,5);
y = X*[1;2;3;4;5] + 6 + randn(100,1);
mdl = fitlm(X,y);

モデルを表示します。

disp(mdl)
Linear regression model:
    y ~ 1 + x1 + x2 + x3 + x4 + x5

Estimated Coefficients:
                   Estimate    SE         tStat     pValue    
    (Intercept)    6.0806      0.11393    53.371    4.2509e-72
    x1             1.1181       0.1154    9.6894    8.4046e-16
    x2             2.0903      0.11378    18.372    7.2209e-33
    x3             3.0926      0.10725    28.836    1.7967e-48
    x4             3.9343      0.11489    34.244    6.9609e-55
    x5             4.9538      0.10799    45.873    3.8195e-66


Number of observations: 100, Error degrees of freedom: 94
Root Mean Squared Error: 1.08
R-squared: 0.979,  Adjusted R-Squared 0.978
F-statistic vs. constant model: 891, p-value = 1.59e-77

代替法

表示を取得するためにコマンド ラインで「mdl」と入力します。ここで mdl はモデルの名前です。

この情報は役に立ちましたか?