ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

response

クラス: LinearMixedModel

線形混合効果モデルの応答ベクトル

構文

y = response(lme)

説明

y = response(lme) は、線形混合効果モデル lme の近似に使用する応答ベクトル y を返します。

入力引数

すべて折りたたむ

lme — 線形混合効果モデルLinearMixedModel オブジェクト

LinearMixedModel オブジェクトとして返される線形混合効果モデル。

このオブジェクトのプロパティとメソッドについては、LinearMixedModel を参照してください。

出力引数

すべて折りたたむ

y — 応答値n 行 1 列のベクトル

n 行 1 列のベクトルとして指定された応答値。ここで、n は観測値の数です。

データ型: single | double

すべて折りたたむ

応答と近似値の対比のプロット

標本データが含まれたフォルダーに移動します。

cd(matlabroot)
cd('help/toolbox/stats/examples')

標本データを読み込みます。

load weight

weight には長期間の調査によるデータが含まれています。そこには 20 人の被験者が 4 つの運動プログラムにランダムに割り当てられ、体重の減少が 2 週間の期間にわたって記録されています。このデータは、シミュレーションされたものです。

データをテーブルに保存します。Subject および Program をカテゴリカル変数として定義します。

tbl = table(InitialWeight,Program,Subject,Week,y);
tbl.Subject = nominal(tbl.Subject);
tbl.Program = nominal(tbl.Program);

線形混合効果モデルを近似します。初期体重、プログラムの種類、週、週とプログラムの種類の間の交互作用は固定効果です。切片と週は被験者ごとに異なります。

lme = fitlme(tbl,'y ~ InitialWeight + Program*Week + (Week|Subject)');

近似値および応答を計算します。

F = fitted(lme);
y = response(lme);

応答と近似値の対比をプロットします。

plot(F,y,'bs')
xlabel('Fitted Values')
ylabel('Response')

この情報は役に立ちましたか?