ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

hygepdf

超幾何確率密度関数

構文

Y = hygepdf(X,M,K,N)

説明

Y = hygepdf(X,M,K,N) は、対応する母集団のサイズ M、母集団内で目的の特性をもつ項目の数 K、および抽出した標本の数 N を使用して、X の各値における超幾何確率密度関数を計算します。XMK および N には、すべて同じサイズのベクトル、行列または多次元配列を指定できます。スカラー入力は、他の入力と同じ次元の定数配列に展開されます。

MK、および N のパラメーターは、すべて正の整数で、NM でなければなりません。X 内の値は、すべてパラメーター値以下でなければなりません。

超幾何確率密度関数は、次の式で定義されます。

y=f(x|M,K,N)=(Kx)(MKNx)(MN)

結果の y は、M オブジェクトのグループから非復元抽出法により n 回取り出した場合、正確に x 個の可能な個体 K を取り出す確率です。

100 個のフロッピー ディスクのロットがある場合、そのうちの 20 個に欠陥があることがわかっているとします。無作為に 10 個のフロッピー ディスクを選択した場合、0 ~ 5 個の欠陥フロッピー ディスクを取り出す確率はいくつですか。

p = hygepdf(0:5,100,20,10)
p =
  0.0951  0.2679  0.3182  0.2092  0.0841  0.0215

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?