ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

gampdf

ガンマ確率密度関数

構文

Y = gampdf(X,A,B)

説明

Y = gampdf(X,A,B) は、対応する A の形状パラメーターおよび B のスケール パラメーターを使用して、X の各値におけるガンマ確率密度関数を返します。XA、および B は、同じサイズのベクトル、行列、または多次元配列になります。スカラー入力は、他の入力と同じ次元の定数配列に展開されます。AB のパラメーターはすべて正で、X の値は [0 ∞] 区間内に入っていなければなりません。

ガンマ確率密度関数は、次の式で表されます。

y=f(x|a,b)=1baΓ(a)xa1exb

ガンマ確率密度関数は、寿命の信頼性のモデリングに適しています。ガンマ分布は、付加期間の残存確率が現時点までの経過年数によるという点で、指数分布よりも柔軟性があります。ガンマ関数の特別な場合が、指数関数やカイ二乗関数になります。

指数分布は、ワイブル分布の特別な場合です。

mu = 1:5;

y = gampdf(1,1,mu)
y =
  0.3679  0.3033  0.2388  0.1947  0.1637

y1 = exppdf(1,mu)
y1 =
  0.3679  0.3033  0.2388  0.1947  0.1637

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?