ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

一部実施要因計画法

一部の相互作用を計測するための計画法

関数

fracfact 一部実施要因計画法
fracfactgen 一部実施要因計画法の発生器

トピック

一部実施要因計画法の紹介

多くの生産過程を評価するためには 2 レベル計画で十分です。

Plackett-Burman 計画

"Plackett-Burman 計画法" は、主効果 (線形効果) のみが重要であると考えられる場合に使用します。

一般の要因計画法

より大規模な要因計画を費やすと、重要と考えたい交互作用を指定できます。

この情報は役に立ちましたか?