ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

データセット配列のエクスポート

この例では、MATLAB® ワークスペースからデータセット配列をテキストまたはスプレッドシート ファイルにエクスポートする方法を示します。

標本データを読み込みます。

load('hospital')

このデータセット配列には 100 件の観測値と 7 個の変数があります。

テキスト ファイルにエクスポートします。

データセット配列 hospitalhospital.txt というテキスト ファイルにエクスポートします。既定では、export を使用した場合の書き込み先は、データセット配列の名前に .txt を付加したタブ区切りのテキスト ファイルとなります。

export(hospital)

これにより、hospital.txt ファイルが現在の作業フォルダーにない場合は、新規作成されます。ファイルが既に現在の作業フォルダーに存在する場合は、export によって既存のファイルが上書きされます。

既定では、変数名はテキスト ファイルの最初の行にあります。観測名がある場合は、最初の列にあります。

変数名なしでエクスポートします。

hospital の変数名を省略して、NoLabels.txt というテキスト ファイルにエクスポートします。

export(hospital,'File','NoLabels.txt','WriteVarNames',false)

作成されたテキスト ファイル NoLabels.txt の最初の行には変数名がありません。

コンマ区切り形式でエクスポートします。

hospital をコンマ区切り形式のテキスト ファイル hospital.csv にエクスポートします。

export(hospital,'File','hospital.csv','Delimiter',',')

Excel スプレッドシートにエクスポートします。

hospitalhospital.xlsx という Excel® スプレッドシートにエクスポートします。

export(hospital,'XLSFile','hospital.xlsx')

既定では、hospital.xlsx の最初の行には変数名があり、最初の列には観測名があります。

参考

|

関連する例

詳細

この情報は役に立ちましたか?