ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

explike

指数分布の負の対数尤度

構文

nlogL = explike(param,data)
[nlogL,avar] = explike(param,data)
[...] = explike(param,data,censoring)
[...] = explike(param,data,censoring,freq)

説明

nlogL = explike(param,data) は、指数分布に対する対数尤度の負の値を返します。param は平均パラメーター mu です。nlogL はスカラーです。

[nlogL,avar] = explike(param,data) は、スカラーであるフィッシャーの情報の逆行列avar を返します。param の入力パラメーターの値が最尤推定値の場合、avar の対角要素は、漸近的な分散になります。avar は、予測された情報ではなく、観測されたフィッシャーの情報に基づきます。

[...] = explike(param,data,censoring) は、右側打ち切りの観測値の場合は 1、正確に観測された観測値の場合は 0 となる、data と同じサイズの論理ベクトル censoring を受け入れます。

[...] = explike(param,data,censoring,freq) は、data と同じサイズの頻度のベクトル freq を受け入れます。通常、ベクトル freq は、data の対応する要素の整数の頻度を含みますが、任意の非負値を含むこともできます。censoring の場合は [] にその既定値を入れて渡して使用します。

この情報は役に立ちましたか?