ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

varimportance

クラス: classregtree

入力の特徴の重要性の組み込み推定値を計算する

構文

imp = varimportance(t)

説明

imp = varimportance(t) は、各特徴を分割することによる危険度の変化の総和を求めることで、ツリー t の入力の特徴の重要性の推定値を計算します。返されるベクトル imp には、このツリーの学習に使用されるデータの各入力変数に対して要素が 1 つ存在します。各ノードの危険度は、ノードの分割にノードの不純度が使用された場合はノードの不純度として推定され、それ以外の場合はノード エラーとして推定されます。この危険度は、ノード確率で重み付けされます。この分割に関連付けられた変数重要性は、親ノードの危険度と 2 つの子の合計危険度の差として計算されます。

参考

この情報は役に立ちましたか?