ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

構文

R = chi2rnd(V)
R = chi2rnd(V,m,n,...)
R = chi2rnd(V,[m,n,...])

説明

R = chi2rnd(V) は、V で指定された自由度パラメーターのカイ二乗分布から乱数を生成します。V はベクトル、行列、または多次元配列のいずれかです。RV と同じサイズになります。

R = chi2rnd(V,m,n,...) または R = chi2rnd(V,[m,n,...]) は、自由度パラメーター V を使用したカイ二乗分布からの乱数を含む m X n X ... の配列を生成します。VR と同じサイズのスカラーまたは配列になります。

1 番目と 3 番目のコマンドは同じですが、2 番目のコマンドは異なることに注意してください。

r = chi2rnd(1:6)
r =
    0.0037  3.0377  7.8142  0.9021  3.2019  9.0729

r = chi2rnd(6,[1 6])
r =
    6.5249  2.6226  12.2497  3.0388  6.3133  5.0388

r = chi2rnd(1:6,1,6)
r =
  0.7638  6.0955  0.8273  3.2506  1.5469  10.9197
この情報は役に立ちましたか?