ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

構文

R = binornd(N,P)
R = binornd(N,P,m,n,...)
R = binornd(N,P,[m,n,...])

説明

R = binornd(N,P) は、試行回数を表すパラメーター N とそれぞれの試行での成功の確率 P で指定されたパラメーターをもつ二項分布から乱数を発生させます。N および P は、R のサイズと同じサイズのベクトル、行列、または多次元配列になります。N または P のスカラー入力は、他の入力と同じ次元の定数配列に拡張されます。

R = binornd(N,P,m,n,...) または R = binornd(N,P,[m,n,...]) は、パラメーター N および P を使用した二項分布からの乱数を含む m X n X ... 配列を生成します。N および P は、それぞれ、R と同じサイズのスカラーまたは配列になります。

n = 10:10:60;

r1 = binornd(n,1./n)
r1 =
   2   1   0   1   1   2

r2 = binornd(n,1./n,[1 6])
r2 =
   0   1   2   1   3   1

r3 = binornd(n,1./n,1,6)
r3 =
   0   1   1   1   0   3

詳細

すべて折りたたむ

アルゴリズム

関数 binornd は、ベルヌーイ確率変数の総和として、二項分布の定義に基づいて直説法を使用します。

この情報は役に立ちましたか?