ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

addedvarplot

追加変数プロット

構文

addedvarplot(X,y,num,inmodel)
addedvarplot(X,y,num,inmodel,stats)

説明

addedvarplot(X,y,num,inmodel) は、X の予測項、y の応答値、X の列 num の追加項、および inmodel で指定された現在の項をもつモデルを使用して、追加された変数プロットを表示します。X は n 行 p 列の行列です (n が観測値で、p が予測項)。y は、n 応答値のベクトルです。num は、追加項をもつ X の列を指定するスカラー インデックスです。inmodel は、現在のモデルの X の列を指定する p 要素の論理ベクトルです。既定の設定では、inmodel のすべての要素が false です。

    メモ:   addedvarplot は自動的に定数項をすべてのモデルに含めます。X に数値 1 だけを続けた列を直接入力しないでください。

addedvarplot(X,y,num,inmodel,stats) は、関数 stepwisefitstats 出力を使用して、より効率的に addedvarplot を反復して呼び出せるようにします。それ以外は、この構文は前の構文と等価です。

追加変数プロットは、新しい項を多重線形モデルに追加する場合の固有の効果を決めるために使用されます。このプロットは、モデルに既にある項で説明されない応答の一部と、モデルに既にある項で説明されない新しい項の一部との関係を示します。"説明できない部分" は、それぞれの回帰の残差によって測定されます。2 つの回帰からの残差のばらつきは、追加された変数のプロットを作成します。

addedvarplot によって作成されたプロットは、残差のばらつきと、近似直線からの予測の 95% 信頼区間を示します。一般的な線形モデルの仮定のもとで、プロットされた変数は両方とも平均ゼロをもつので、近似直線は切片ゼロをもちます。近似直線の傾きは、inmodel をもつモデルに追加される場合の新しい項の係数です。

追加された変数プロットは、偏回帰のてこ比を表すプロットとしても知られています。

hald.mat のデータを読み込みます。これは、さまざまなセメント混合物の反応熱の観測値を含みます。

load hald
whos
  Name          Size    Bytes   Class   Attributes

  Description   22x58   2552    char
  hald          13x5     520    double
  heat          13x1     104    double
  ingredients   13x4     416    double

追加された変数プロットを作成し、最初の 2 列を含むモデルへの ingredients の 3 番目の列の追加を調べます。

inmodel = [true true false false];
addedvarplot(ingredients,heat,3,inmodel)

散布マーカーがばらつき、近似直線の傾きが緩やかであるため、モデルに 3 番目の列を追加すると統計的に有意であることがわかります。

この情報は役に立ちましたか?