ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Atomic サブチャートを使用する場合

以下のシナリオが 1 つまたは複数適用される場合、Atomic サブチャートの使用を検討してください。

シナリオAtomic サブチャートを使用する理由参照チュートリアル

異なるさまざまなチャートまたはモデル間で繰り返し同じステートまたはサブチャートを再利用して、大規模なモデリングを進めたいとします。

Atomic サブチャートをライブラリに保存して、さまざまなチャートおよびモデルでの再利用を可能にします。ライブラリで Atomic サブチャートを変更すると、変更はすべてのリンクに伝播されます。

モデリング方法の比較

チャートでのステートの複数回再利用

シミュレーションを使用してチャート全体を再コンパイルせずに、変更を 1 つ 1 つテストしたいとします。

Atomic サブチャートを変更すると、チャート全体ではなくそのオブジェクトに対してのみ再コンパイルが行われます。

シミュレーション方法の比較

チャートのコンパイル時間の短縮

複数の人々がチャートのさまざまな部分で作業しているため、チャートをスタンドアロンの部分に分割したいとします。

Atomic サブチャートはスタンドアロンのオブジェクトとして動作するため、他人の作業に影響を与えずにチャートの異なる部分で作業を行うことができます。

編集方法の比較

チャートの別単位への分割

チャートの特定部分について Simulink® Coder™ で生成されたコードを手作業で検査するとします。

Atomic サブチャートのコードが単体テストのために別のファイルになるように指定することができます。

コード生成方法の比較

単体テストに再利用可能なコードの生成

この情報は役に立ちましたか?