ドキュメンテーション

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで変更されています。最新情報を確認するには、ページ左下にある国リストで [United States] を選択し、英語ドキュメンテーションに切り替えてください。

Stateflow チャートにおける Simulink 関数の使用ルール

 連続時間チャートのステート during アクションまたは遷移ステートにおいては Simulink 関数を呼び出さない

 初期化時実行モードを有効にした場合は、デフォルト遷移で Simulink 関数を呼び出さない

 Simulink 関数の入出力端子の名前には、アルファベット文字またはアンダースコアのみを使用する

 Simulink 関数では、不連続的な信号を連続的な信号に変換する

 Simulink 関数をエクスポートしない

 Simulink 関数の名前を変更するには、Stateflow エディターを使用する

 Moore チャートで Simulink 関数を使用しない

 Simulink 関数用の HDL コードを生成しない

この情報は役に立ちましたか?