ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ロジックのフローの強調表示

ロジックのフローを可視化するために、状態遷移表で 1 行あたり 1 つの遷移セルを強調表示できます。たとえば、あるステートから別のステートへのロジックの基本フローや、エラーが発生する条件を表すフローを強調表示します。

この強調表示は MATLAB セッション中維持され、状態遷移表だけでなく自動生成された状態遷移図にも表示されます。

遷移セルを強調表示するには、次の手順に従います。

  1. 遷移表のエディターで遷移セルを右クリックし、[主要な遷移としてマーク] を選択します。

    遷移セルに赤色の境界線が表示されます。

  2. 1 行あたり 1 つずつセルを強調表示して、フローを完成します。

    以下に例を示します。

  3. 自動生成された状態遷移図でフローを表示するには、[表][状態遷移図の表示] を選択します。

    遷移図内で、フローを表す遷移が強調表示されます。

この情報は役に立ちましたか?