ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

信号のログの有効化

次の手順は、モデルの信号ログ作成を可能にする方法の説明です。例として、sf_semantics_hotel_checkin モデルの手順を使用します。これはホテルのチェックイン プロセスをシミュレートするチャートを使用しています。モデルを開くには、sf_semantics_hotel_checkin をクリックするか、MATLAB® コマンド プロンプトで sf_semantics_hotel_checkin と入力します。

  1. [モデル コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスを開きます。

  2. [データのインポート/エクスポート] を選択します。

  3. [信号] ペインで、[信号のログ] チェック ボックスをオンにし、チャートのログ作成を有効にします。

    既定の設定では、モデルとチャートの信号のログ作成は有効にされています。ログ作成を無効にするには、チェック ボックスをオフにします。

  4. オプションで、信号のログ オブジェクトにカスタムの名前を指定します。

    既定の名は logsoutです。このオブジェクトを使用して、MATLAB ワークスペース変数内のログ データにアクセスできます。

  5. [OK] をクリックします。

この情報は役に立ちましたか?