ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ステートと遷移の構文

アクションと条件を表現するチャート要素

ブロック

Chart 有限ステート マシンで制御ロジックを実装

例および操作のヒント

ステート アクションを組み合わせて、冗長コードを削除

ステートの entry、during、および exit アクションの組み合わせの方法を説明します。

イベントのブロードキャストによるステートの同期

直接ローカル イベント ブロードキャストの使用方法について説明します

時相論理を使用したチャート実行の制御

時相論理演算子の使用方法について学習します

暗黙的イベントを使用したチャート実行の制御

ステートへの入出力などのアクションに対して Stateflow® チャートが暗黙的にトリガーするイベントについて説明します。

データ値の変化の検出

タイム ステップごとに Stateflow データ値の変化を検出する方法について説明します。

ステート アクティビティのチェック

チャート実行時にステート アクティビティをチェックする方法について説明します。

bind アクションによる Function-Call Subsystem の制御

Function-Call Subsystem をステートにバインドする方法について説明します。

チャートの未定義シンボルの解決

未定義のデータ、イベント、およびグラフィカル関数のシンボルの解決処理について説明します。

イベントのカウント

明示的および暗黙的イベントの発生回数をカウントする方法について説明します。

組み込み MATLAB 関数とワークスペース データへのアクセス

ml 名前空間演算子または関数 ml を使用して MATLAB® 関数を呼び出し、MATLAB ワークスペース変数にアクセスする方法について説明します。

C チャートでの C 関数の呼び出し

ステートおよび遷移のラベルで直接呼び出すことができる C 関数の説明

概念

ステートと遷移でサポートされているアクション タイプ

ステートや遷移で使用可能なアクションの各タイプについて説明し、その動作の例を紹介します。

チャート データでサポートされている演算

ステート アクションと遷移条件で使用できるデータ操作について説明します

アクションでサポートされるシンボル

アクションで使用できるシンボルについて学習します

時相論理演算子の使用ルール

時相論理演算子の使用には、以下のルールが適用されます。

条件付きで実行されるサブシステムにおける絶対時間の時相論理

条件付きで実行されるサブシステムに存在するチャートでは、絶対時間の時相論理を使用できます。

絶対時間の時相論理のベスト プラクティス

絶対時間の時相論理で at 演算子を使用した場合は、モデルのシミュレーションを試みると、エラー メッセージが表示されます。

変化検出の動作

チャートは、タイム ステップの境界で値を評価してチャート データの変化を検出します。

この情報は役に立ちましたか?