ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

チャート プログラミングの基本

Stateflow® チャート作成のガイドライン

例および操作のヒント

イベントドリブン システムのモデル化の基本的なアプローチ

Stateflow チャートを使用したイベントドリブン システムのモデル化の基本的なアプローチ

イベントドリブン システムのモデル化

ドット表記を使用したデータの識別

修飾データ名でのドット表記の使用方法

チャートのアクション言語の変更

チャートのアクション言語プロパティを変更する方法を説明します。

イベントドリブン システムをモデル化する C チャートの使用

C 言語による表現を使用した Stateflow チャート作成の基本ワークフローの説明

概念

Stateflow チャートのモデリング ガイドライン

これらのガイドラインを守ることにより、イベント、ステート、および遷移をもつチャートのモデリング効率が高まります。

Stateflow オブジェクトの概要

階層構造に配置されるグラフィカル オブジェクトと非グラフィカル オブジェクトを紹介します。

Stateflow オブジェクトの命名ルール

Stateflow オブジェクトの名前は、英数字とアンダースコアの任意の組み合わせで指定できます。

Stateflow エディターの操作

作成したチャートが表示される Stateflow エディター ウィンドウの各部分について説明します。Stateflow エディター メニューをカスタマイズする方法を紹介します。

アクション言語の自動修正

MAL チャートの自動訂正の詳細。

アクション言語構文としての MATLAB と C の相違点

ステートと遷移での MATLAB® 構文

この情報は役に立ちましたか?