ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

State Transition Table

モーダル ロジックを表形式で表現

ライブラリ

Stateflow®

説明

このブロックは、モーダル ロジックを表形式で表現する場合に使用します。State Transition Table ブロックではアクション言語として MATLAB® のみを使用します。

状態遷移表エディター

sflib で State Transition Table ブロックをダブルクリックすると、状態遷移表エディターにステート間の遷移の既定のレイアウトが表示されます。

状態遷移表エディターを使用すると、以下の操作を実行できます。

  • ステートの追加とステート アクションの入力

  • ステート間の階層の追加

  • ステート間の遷移の条件とアクションの入力

  • デフォルト遷移、内部遷移、自己ループ遷移の指定

  • 入力または出力のデータおよびイベントの追加

  • デバッグ用にブレークポイントを設定する

  • 診断を実行してパーサーによるエラーを検出

  • 表の編集中に自動生成コンテンツを表示

状態遷移表エディターの詳細は、Stateflow のドキュメンテーションの「状態遷移表の操作」を参照してください。

データとイベントの追加

状態遷移表エディターからデータとイベントを追加できます。

要素メニュー説明
入力と出力

[チャート][入力と出力を追加][Simulink からのデータ入力]

[チャート][入力と出力を追加][Simulink へのデータ出力]

モデルからの入力とモデルへの出力を追加できます。
データ

[チャート][他の要素を追加]

次の型のデータを追加することができます。

  • ローカル

  • 定数

  • パラメーター

  • データ ストア メモリ

入力イベント

[チャート][入力と出力を追加][Simulink からのイベント入力]

Simulink® の制御信号が変化したとき、あるいは関数呼び出しイベントを出力する Simulink ブロックを介して、"入力イベント" によって State Transition Table ブロックが実行されます。以下の入力トリガーのいずれかを使用できます。

  • 立ち上がりエッジ

  • 立ち下がりエッジ

  • 立ち上がりまたは立ち下がりエッジのいずれか

  • 関数呼び出し

出力イベント

[チャート][入力と出力を追加][Simulink へのイベント出力]

"出力イベント" によって、サブシステムへの関数呼び出しがトリガーされます。以下の出力トリガーのいずれかを使用できます。
  • 関数呼び出し

  • 立ち上がりまたは立ち下がりエッジのいずれか

詳細は、「Function-Call Subsystem の作成」を参照してください。

.

データ型のサポート

State Transition Table ブロックは、Simulink がサポートする任意のデータ型 (固定小数点データ型と列挙型データを含む) の入力信号を受け入れます。

パラメーターとダイアログ ボックス

ブロック パラメーターの詳細は、Subsystem ブロックのリファレンス ページを参照してください。

特性

直接フィードスルー

あり

サンプル時間

[サンプル時間] パラメーターで指定

スカラー拡張

該当なし

離散化

あり

ゼロクロッシング検出

あり (連続時間システムで有効化されている場合)

詳細は、「ゼロクロッシング検出を有効にする場合」を参照してください。

この情報は役に立ちましたか?